CONTRACT MANAGEMENT

PLUGINkintone プラグイン

kintone プロセス管理 拡張プラグイン

icon

プロセス管理の実行(アクション)時に、メール通知や確認用のダイアログ表示を行うプラグインです。

ご購入とお試しはこちら

サイボウズ 拡張機能 紹介サイトはこちら

任意のメールアドレスに承認依頼メールを配信

  • kintoneユーザー以外に申請内容を共有
  • 最終承認の完了時に関係者全員に通知
  • 役員承認の依頼を担当秘書に連絡
機能1

承認等のアクション時に専用画面で最終チェック

  • チェックが必要な項目をポップアップ画面で表示
  • キャンセル選択でアクション実行を中断
機能2

チェック対象をハイライト表示

  • 任意のフィールド値を強調表示
  • HTMLメールで表現豊かな承認依頼を実現
機能2-2

アクション履歴を専用アプリに自動登録

  • 誰が・いつ・何を 実行した操作を集計
  • 実行者の表示名だけでなくコードとメアドを記録
機能3
表示内容の設定

アクション実行時に表示する確認ダイアログの内容は、専用のメール設定アプリにレコード登録します。
フィールドコードを指定して、レコードの値を利用(引用)することが可能です。

画像

実行対象の設定

実行対象のアクションを指定するため、ステータス値とアクション名をプラグイン設定として保存します。
どのタイミングで、どのアクションの場合にメール通知するか、柔軟な指定が可能です。
各アクションごとに、通知先のメールアドレスやCC共有を設定できます。(メアド入力用のフィールドをアプリに設置)

画像

ご購入とお試しはこちら

kintone SMS送信プラグイン

icon

レコード保存された携帯番号とメッセージを利用してSMS(ショートメール)送信するプラグインです。

ご購入とお試しはこちら

サイボウズ 拡張機能 紹介サイトはこちら

到達率の高いコミュニケーションはSMS(ショートメール)

画像

画像

ご利用にあたっての注意点

  1. 本プラグインは、SMS送信専用となります。相手先からのメッセージ返信は受信できません。
  2. 1通あたりの送信可能文字数は全角メッセージで70文字(半角140文字)です。
    ※改行は2文字の取り扱いとなります。
    ※1文字でも全角もしくは改行を含む場合、全角メッセージ(70文字)となります。
  3. 最大660文字までの長文メッセージを送信する場合は、文字数に応じて複数通分の送信カウントとなります。
  4. 送信先の携帯電話番号は、以下の形式でレコードに保存ください。
    数値のみ11桁 08012345678 ハイフン繋ぎ 080-1234-5678
    カッコ繋ぎ 080(1234)5678 スペース繋ぎ 080 1234 5678
  5. 送信元の表示は、070,080,090からはじまる携帯番号となります。
    相手先がソフトバンク回線の場合、2から始まる5桁の数字が送信元として表示されます。
  6. 無料お試しの送信上限は 20通 です。
  7. 有料版は、月間の予定送信数を前提とした6ヵ月単位でのご利用(ご精算)となります。

ご購入とお試しはこちら

kintone 訂正削除 補助プラグイン

icon

kintoneに保存したレコード情報について、確認後の編集・削除を制限するためのプラグインです。

ご購入とお試しはこちら

適切なアクセス権管理の設定をサポート

機能1
画像
画像

ご購入とお試しはこちら

kintone CSV出力プラグイン

icon

kintoneアプリのレコードデータをCSV出力するプラグインです。

ご購入とお試しはこちら

標準の書出し機能との違い① 出力仕様

  • 同じフィールド名(項目名)が多数あって、書き出すと混乱する。
    → 任意のヘッダー名に変更して書き出すことができます。
  • テーブル内のフィールドが全部出力されて見づらい。
    → 指定のフィールドのみ書き出すことができます。
  • 複数のテーブル内に同一名のフィールドがあって、勘違いが発生する。
    → テーブル名をヘッダーに追加することができます。
  • チェックボックスと複数選択フィールドは、特殊な出力仕様で見づらい。
    → 複数の選択肢も指定文字で区切り、1項目として出力されます。
    対象フィールド:チェックボックス・複数選択・添付ファイル・ユーザー選択
    区切り文字種類:改行・コンマ・スラッシュ・中点・セミコロン・縦棒など
  • 日付形式がyyyy-MM-ddの書式となる。
    → スラッシュ区切りや年月日表示を選択することができます。

画像 画像

標準の書出し機能との違い② 権限・その他

  • 実行権限の設定は書出し可/不可の二者択一になる。
    → アプリ設定に依存せずに、ログイン名で指定したユーザーに対して、特定フィールドだけの書出し権限を付与することができます。
  • 添付ファイルフィールドの情報を書き出せない。
    → 保存しているファイル名とファイルサイズを書き出すことができます。
  • 同じアプリで何度も書き出すと、どれがどれか分からなくなる。
    → 一覧名や指定フィールドの値をCSVファイル名にすることができます。

画像

ご購入とお試しはこちら

kintone アプリ設定 補助プラグイン【無料】

icon

kintoneアプリ設定を補助する機能を提供するプラグインです。

ダウンロードはこちら

機能① フィールド情報を一覧書出し(CSV出力)

出力される属性
  1. ラベル(フィールド名)
  2. フィールドタイプ
  3. フィールドコード
  4. 配置されたグループ
  5. 配置されたテーブル
  6. 初期値
  7. 必須設定
  8. 重複禁止設定
  9. LOOKUP先アプリ番号
  10. ドロップダウン等の選択肢
出力されるフィールドタイプ
  1. RECORD_NUMBER
  2. CREATOR
  3. CREATED_TIME
  4. MODIFIER
  5. UPDATED_TIME
  6. SINGLE_LINE_TEXT
  7. NUMBER
  8. CALC
  9. MULTI_LINE_TEXT
  10. RICH_TEXT
  1. CHECK_BOX
  2. RADIO_BUTTON
  3. DROP_DOWN
  4. MULTI_SELECT
  5. FILE
  6. LINK
  7. DATE
  8. TIME
  9. DATETIME
  10. USER_SELECT
  11. ORGANIZATION_SELECT
  12. GROUP_SELECT
  13. REFERENCE_TABLE

機能② 大量の選択肢をもつドロップダウンフィールドを自動作成

機能1
画像
画像

ダウンロードはこちら

kintone ずっと表示プラグイン

icon

kintoneアプリの指定フィールドを画面上に固定表示するプラグインです。

ご購入とお試しはこちら

最大10点のフィールドを画面下部に固定表示

  • 数値は3桁区切り、金額は円表示つきで表示
  • 表示エリアの背景色や文字サイズをカスタマイズ
  • 対象画面(詳細画面、編集画面、追加画面)を選択可能
  • プロセス管理の作業者にのみ表示フィールドを追加可能

画像

機能1
画像
画像

ご購入とお試しはこちら